CakePHP FormHelper::datetime で秒までセレクトしたい

cake
CakePHP も日々進化してくれて、色々機能も充実してきて嬉しい限りなのですが、ちょこちょこと細かいカスタマイズは当然必要。というわけで、FormHelper の日時セレクトボックスが秒非対応(CakePHP 2.3にて)なので、自分で追加したときのメモです。因みに、ケーキつながりで、写真のガトーショコラも自作です。 続きを読む CakePHP FormHelper::datetime で秒までセレクトしたい

CakePHP で Model の取得レコードを書き出すだけのシンプルな動作確認

CakePHP でとりあえずデータ構造だけチェックしたいという事ありますよね。scaffold でこと足りる場合はそれでOKですが、GROUP BY や検索条件など検索に手を加えたい時は、set(compact(‘data’)) と debug($data) の組み合わせがよく使われます。
続きを読む CakePHP で Model の取得レコードを書き出すだけのシンプルな動作確認

CakePHP 内の固定ページに対するアクセスコントロール

CakePHP には AuthComponent や AclComponent といったコア・コンポーネントによってパワフルな認証およびアクセスコントロールの機能が提供されています。

自分はこれを使い始めたとき、リダイレクトループにはまったり、「About us」や「はじめての方へ」といった固定のコンテンツもアクセスできなくなったり・・と少しだけハマったので対策メモを残します。

続きを読む CakePHP 内の固定ページに対するアクセスコントロール

Eclipse で CakePHP 開発 〜 ctp ファイルをPHPエディタで開く〜

CakePHP は独自の拡張子 ctp のファイルで画面構成を定義しています。中身は PHP で書かれているのですが Eclipse で開発するなら PHP エディタですいすい編集したいですよね。え、メモ帳で十分? という方も多数いらっしゃると思いますが、、、私は長年プログラミングをしていても、言語ごとの専用エディタで色表示してくれないとちぃとも気分がのらんのです。

続きを読む Eclipse で CakePHP 開発 〜 ctp ファイルをPHPエディタで開く〜

CakePHP1.3 のインストール方法

ユーザ管理、ログインフロー、ローカライズなど基本的な様々な機能を提供してくれるフレームワーク “CakePHP” には本当にお世話になっています。今回はたまたまスクラッチから環境を構築する機会があったのでインストールの課程をメモしておくことにしました。

続きを読む CakePHP1.3 のインストール方法

Plone 3 or Plone 4 でロゴの変更方法から眺める外観カスタマイズ

Plone の外観の変更方法はいくつかありますが、ロゴなどほんの一部を手軽に変更したいという事であれば ZMI から変更をかけるのがオススメです。ZMI からロゴを変更する方法はいろんなサイトでも紹介されているのですが、ここではロゴの変更方法を通して他の場所も変更できる人になれるよう Plone の画面形成の仕組みも含めて紹介したいと思います。

続きを読む Plone 3 or Plone 4 でロゴの変更方法から眺める外観カスタマイズ