Eclipse Juno で Subversion

以前、Helios で Subversion 機能を追加したときもメモを書いたのですが、今回は Juno に追加した時のメモです。

Subversion ソフトウェアを追加

Juno を立ち上げ、Help > Eclipse Marketplace を起動。

Searching Subversive - SVN Team Provider

Search タブで subversion と入力して検索して、「subversive – SVN Team Provider」を見つけたら「Install」ボタンでインストールを開始します。含まれる関連機能のリストが表示されるので、そのまま「Next」をクリック。ライセンスを読んで同意したら「Finish」をクリック。するとインストールが始まります。

インストールが完了すると再起動するか聞かれるので、再起動します。

再起動すると Install Connectors ダイアログが表示され、Subversion へ接続するコネクタはどれを使うか聞かれます。接続したいSubversionのサーバに合わせてコネクタを選択して「Finish」をクリックすると、インストール対象のリストが表示されるので、そのまま「Next」ボタンをクリック。先ほど同様、ライセンスへの同意を求められるので accept して 「Finish」をクリック。インストールが進むと署名されていないコンテンツが含まれる旨のセキュリティ警告文が表示されますが、やむを得ず「OK」で先へ進みます。最後にまた再起動を求められるので「Yes」で再起動します。

Subversion サーバと接続する

Team > Share Project

再起動したら Subversion と接続可能になっています。SVNリポジトリも Eclipse から見られるようになっているので、まずはバージョン管理したいプロジェクトのリポジトリを確認してみましょう。 Window>Open Perspective から「SVN リポジトリ―エクスプローラー」を選択します。

Open SVN repository explorer

「New Repository Location」をクリックして、リポジトリへ接続します。

new repository location

Subversion サーバとログイン情報を入力して「Finish」をクリックします。SSH接続など詳細設定が必要な場合は各タブを設定してください。

connection to repository

リポジトリに接続して、リポジトリビューが表示されます。バージョン管理したいリポジトリがなければ、新しいリポジトリをここで作ることもできます。・・・が割愛します。

さて、いよいよプロジェクトをバージョン管理に追加します。バージョン管理したいプロジェクトを右クリック>Team>ShareProject を選びます。

SVN is selectable in Share Project Wizard

SVNコネクタを追加するまでは表示されていなかった SVN が選べるようになっているので、SVNを選んで「Next」をクリック。リポジトリの場所を聞かれます。前述のとおりリポジトリ接続設定を作成済みであれば、そのリポジトリが既存リポジトリとして選択可能になっているので、それを選択して「Next」をクリック。あとは、リポジトリの構造に合わせてカスタマイズして「Finish」するとプロジェクト全体のCommitを確認するダイアログが表示されます。複数名で共有しているプロジェクトの場合は .settings など、場合によってバージョン管理の対象から外すと良いかと思います。